Drifterニッキ☆ペ・ジョンオクファンブログ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 「風船ガム」制作発表会A&初回の印象

<<   作成日時 : 2015/10/27 19:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0


'風船ガム'ペ・ジョンオク"イ・ドンウク、実際がはるかにハンサムで魅力的"
'ルームメート'家族ペ・ジョンオク-イ・ドンウク、母子なった"姉がより良いが"
 2015年10月19日午後14:56


 ペ・ジョンオクが人間イ・ドンウクの魅力を絶賛した。


 ペ・ジョンオクは19日午後ソウル江南区(カンナムグ)、ノンヒョンドン パティオナインで開かれたtvN新しい月火ドラマ'風船ガム'(脚本イ・ミナ演出キム・ビョンス)製作発表会で"イ・ドンウクは実際がはるかに魅力ある"と賞賛を惜しまなかった。


 SBS芸能プログラム'ルームメイト'に共に出演したペ・ジョンオクとイ・ドンウクは'風船ガム'を通じて母子関係に変身する。


画像



 ペ・ジョンオクは"気がねなく過ごす仲なので現場で会うと良かったよ。 気楽に撮影している"として"その時は一緒に住んでイ・ドンウクのあまりにも自然な姿を見たし、今は役割的な姿を見ている"と話した。


 引き続き"イ・ドンウクは役割より実際がはるかに魅力あってハンサムだ。 今ドンウクさんが持っている魅力が出てこない感じというそのような気がする"として"この友達がなぜそうなのか悩んでみようと思う"とイ・ドンウクに対する格別な愛情を表わした。



元記事




[総合]イ・ドンウクの‘風船ガム’はどんな形であろうか 2015-10-19 15:31:00


 俳優イ・ドンウクがtvN新しい月火ドラマ‘風船ガム’を通じて欠乏した部分を満たして行く予定だ。


 イ・ドンウクは‘風船ガム’で温かい容貌に実力まで兼ね備えた漢方医師パク・リファン役を担った。 長い間の友達であるキム・ヘン(チョン・リョウォン)を愛する人物だ。 彼はロマンチックコメディ男主人公として活躍する予定だ。


 しかしイ・ドンウクは19日‘風船ガム’製作発表会でペ・ジョンオクとキム・ビョンスPDから“画面より実際がさらに魅力的だともどかしい”という話を聞いた。 多作俳優が満たされない何かがイ・ドンウクには常にあったためだ。


 これに対してイ・ドンウクは"私には宿題だ。 ペ・ジョンオクが'キャラクターに閉じ込められるのではないのか。 実際のイ・ドンウクを投影してみろ'で助言した。 今回のキャラクターがそのような作業するのに容易だ”として“前作'アイアンマン' 'ホテルキング'は過激が強いドラマだ。 私がワイヤーを3〜4年ぶりに乗らない"と覚悟を伝えた。


 イ・ドンウクが愛情こもった指摘を聞いたように‘風船ガム’中の登場人物もある一つの部分が欠乏している。 しかしドラマは欠乏を完全に満たして幸せになれと話さない。 隙間は満たされることができないことで、満たす必要がないと話題を投げる。 このように‘風船ガム’は出演陣のロマンスでありふれているがありふれていない話をしようと思う。


 特に題名があたえる柔らかい感じのようにドラマ'風船ガム'は世知辛い現実の中大人たちの童話をコンセプトにする。 イ・ミナ作家は“‘風船ガム’は童話のように現実と想像の中で頃ある雰囲気を演出する”として“現実にあるようだがない話”と作品を紹介した。


 ペ・ジョンオクは“キム・ビョンスPDと作業して感じたのは監督様はロコクィーンとキングを前に出してドラマを浮かそうとしないということ”としながら“今は大人たちに童話が必要な時期だ。 このような話を率直で淡泊に分かち合ってみたい”と出演者として作品の強みを言及して期待感を高めた。


 '風船ガム'の結末は皆が予想するように二人の男女がお互いの不足した部分を抱いて成長する内容であろう。 実際のイ・ドンウクも自身に与えられた'宿題'をよく解きほぐせるか注目される。



元記事


 ジョンオクssiの「ドンウクさんはドラマの役柄より実際の方が魅力的」発言を読んで、それってどう受け取れば・・・ってちょっと思ってたんですけど、ドンウクさん自身が悩んでいることの一つだと知って、「この友達がなぜそうなのか悩んでみようと思う」なんて、「ジョンオクssi、なんていい先輩なの!」って思いました。ジョンオクssiは、本当に相手のためになると思うことを率直に助言するんだろうなぁ、と。もちろん、その相手への愛情や好感があってこそ、でしょうが。



画像


元記事


画像


元記事

 二人の表情が本当にちょっと家族っぽい(笑) 自慢の姉と一緒で嬉しいんだけど、ちょっと恥ずかしがってる弟でしょう(笑)




 さてさて、その「風船ガム」、昨日から放送が始まりました〜!!初回の印象は、悪くない!(ペ・ジョンオクファン的にも)です。もちろん今後の展開次第ですが、、、初回はよく映画であるオシャレな群像劇(スターがたくさん出てる・・・)っぽく、上手に作ってありました。その中で、出番は少ないのに、ジョンオクssiの存在感がもの凄い!!!たくさんの登場人物がいていろいろあるんですが、ジョンオクssiの存在でピリッと引き締まってます。


画像

                綺麗だし♪


 ソニョン(ペ・ジョンオク)がヘンア(チョン・リョウォン)と距離を取りたい理由自体は初回ではまだわからないんですけど、ヘンアの父親が亡くなって彼女を引き取ることになった時の、↓この表情だけで、私はなんとなく納得行っちゃいました。
驚き。とまどい。どこか怯えてる拒絶感。悲しみ。。。
過去に何があったんだろう。。。

画像


 ちゃんと一人の人の感情として、リアルに伝わってくる。ソニョンもこんな感じで描いていってくれるなら、いいなぁ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「風船ガム」制作発表会A&初回の印象 Drifterニッキ☆ペ・ジョンオクファンブログ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる