Drifterニッキ☆ペ・ジョンオクファンブログ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 「風船ガム」パク・ソニョンと周辺キャラクター紹介

<<   作成日時 : 2015/10/20 22:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

☆パク・ソニョン(女、56才) /ペ・ジョンオク
 総合病院耳鼻咽喉科課長、リファン母



 生まれた時から持って生まれたものが多い女であった。
 両親は金持ちであり、いつも群れの中最も引き立って見える美貌に、頭脳まで英明で医大に入学して花道だけ広がった生活を送って行くことができる女であった。 あらゆるものを持ったので簡単に回る世の中が永遠なものだと思った彼女の人生が崩れ始めたのは病院インターン時期、火のような恋に落ちてリファンを持つことになったその瞬間からだ。

 共に愛を分かち合った男は離れてしまったし、一人残された彼女を眺める周辺の視線は冷淡だった。 両親は未婚の母の身分である彼女を受け入れる心の準備ができていなかったし、リファンをおろすのを勧めた。

 だが、お腹の中で胎動が感じられる瞬間、彼女は両親、お金、名誉よりリファンを選んだ。

 自身の紹介で会って結婚したヘンアの両親、ジュンヒョクとヨンファの店に留まってリファンをかかえたし、そちらでリファンを産んだ。 リファンが這って行き来し始めた頃からは田舎医院の月給医師で過ごしてリファンを病院の一隅で育てた。

 幸い素直で優しいリファンは正しく育ったが彼女の胸中にはすでに数多くの傷ができた。 人々のひそひそ話と初めて体験してみる現実の困難と空っぽの隣の席を感じるたびに、ソニョンはリファンを見て決心した。 私は離れてきた裕福な世の中に君だけは再び送っておくから。 ママとパパと息子と娘が皆ある和やかな家族をリファンに作ること、それが彼女の最も重要な宿題になった。

 それでリファンのそばにずっとぐるぐる回るヘンアを見るのが嫌だった。 ジュンヒョクが亡くなった時、ソニョンが受けた傷の大きさは世の中の誰も分からない程大きいものだった。 一生洗われないそのつらい記憶はヘンアにかぶせられた。 死の影をつけて通う子供、靴の中に入ってきた砂一握り、そして切ることはできない痛い指、ソニョンにはヘンアがそうした。

 ところでその課題を終える前に彼女の世の中が崩れようとする。




☆パク・リファン(男、33才) /イ・ドンウク
 漢方病院医師


(中略)

 誰にでも心が開けていて共感能力が優れて世界一周3回ぐらいは行ってきたような寛大な心が引き立って見えるが本来33年間一度も旅行してきたことがない。

 幼い時はお父さんなしで一人で自身を育てるのに世の中誰より忙しいママのために、クラスで(?)背で(?)無視されない程大きかった時は世の中で必ず守らなければならない人二人ができたので。 そしてその二人とはまさに一人で自身を育てたママソニョンとジュンヒョク叔父さんが守ってくれと約束したヘンア。 それでリファンはこの二人が幸せになれるように守るために今まで駆け付けた。

(略)



☆故キム・ジュンヒョク(男) /パク・チョルミン
 ヘンアの父


 ヘンアのパパ。 ソニョンの大学サークル先輩であり片思いの対象であったし過ぎて見ると初恋だった。 ソニョンがリファンを持った後、皆に捨てられて一人で大変がる時、唯一手を差し出した人。

 ヨンファが亡くなって一人でヘンアを育てる時、やはり一人でリファンを育てるソニョンと共に頼って、お父さんがないリファンにお父さんのような存在になった人だ。

 ヘンアが中学生になった時、ヨンファと同じ病気で死を迎えたし、そのようにソニョンはジュンヒョクを二回送らなければならなかった。 最初にはヨンファに、二番目は天国に。



☆故イ・ヨンファ(女)
 ヘンアの母


 ヘンアのママ。 ソニョンの中学校後輩。
 ソニョンの紹介でジュンヒョクに会って恋に落ちて結婚した。
 ヘンアが五才になった頃、胃癌で亡くなった。



☆コ・サンギュ(男、58才) /パク・ソングン
 総合病院精神科専門医


 ソニョンの医科大学先輩。
 ソニョンが世の中で頼る数少ない人の中の一人だ。
 長い時間ソニョンのそばで共にして、ジュンヒョクが亡くなった後、誰より大変がるソニョンをそばで見守ってきた。



☆ノシェフ(男、62才) /イ・ムンス
 シークレットガーデン料理長


(中略)

 ご両親二人と死別して一人で南海で過ごしていたヘンアを再びソニョンの家で連れてきた張本人でもある。




また、昨日↓こんな記事も出ていました。


'風船ガム'特別出演、パク・チョルミン"劇中ラブライン、不安ながらもときめいて" 15-10-19 08:34 [マイデイリー=パク・ユンジン記者]


 俳優パク・チョルミンがチョン・リョウォンのパパになって特別な存在感を発揮する。


 パク・チョルミンは26日初放送されるケーブルチャネルtvN新月火ドラマ'風船ガム'(脚本イ・ミナ演出キム・ビョンス)でチョン・リョウォンの劇中の役割であるキム・ヘンアのパパキム・ジュンヒョク役を担って特別出演する。


 パク・チョルミンが引き受けたキム・ジュンヒョク役は夫人が亡くなった後単独で娘を育てて娘が中学生になる頃、突然に夫人のそばに行くことになる痛みを持ったキャラクターで気がかりなことを増幅させている。


 何よりパク・チョルミンが笑いから苦悩まで'両極端'多様な感情を入れた姿が公開されて視線を引きつけている。 パク・チョルミンが誰かに向かって明るい微笑を送って親しい顔つきを表わしていること。 引き続きパク・チョルミンが患者の服を着て、一人で残された病室で憂い深い顔で深刻な雰囲気をかもし出すなど分からない姿で好奇心を高めている。


 パク・チョルミンの特別出演場面は去る2日と9日それぞれソウル、鍾路区(チョンノグ)と松坡区(ソンパグ)一帯で撮影された。 パク・チョルミンは初めての撮影から愉快な話し方を誇って現場を笑うことで掌握、雰囲気をかきたてた。 引き続き撮影が始まるとすぐにパク・チョルミンは子役俳優らと粘り気が多い呼吸を主導して短い時間だけにOKカットを完成やり遂げる堅実な演技内功を誇示してスタッフの賛辞を得た。


 また、パク・チョルミンは昨年演劇で呼吸を合わせたことがあるペ・ジョンオクとも共に撮影を進めたところ。 二人は激しいうれしさを表わして、撮影後和気あいあいとした親密なよしみ認証ショットを残したという裏話だ。


パク・チョルミンは"劇中でラブラインがあるといって不安ながらもときめいた"と短くて太い所感を伝えた。


一方'風船ガム'は幼かった時から家族のように過ごした'男友達'と'女友達'の純粋な愛を描いた天真浪漫ロマンスでテレビ劇場を風変わりなときめきとタルダラムで染める展望だ。


来る26日夜11時初放送。



元記事




 このドラマの出演情報を最初に聞いたとき、まず助演だということに正直ガクーン・・・となりました。次に、イ・ドンウクさんの母親役だということを知り、またガクーン・・・(イ・ドンウクさんとは姉弟イメージでいたかったのと、最近子どものことばかりを第一に思う母親役が続いているので・・・) 。そして、このキャラクター紹介を読んで、私が韓国ドラマで特に嫌いな「子どもの結婚相手を自分の事情や理屈が通らないことで反対する母親」役っぽいことに、またまたガクーン‥‥‥と、なってしまっていました。


 でも、、、このパク・チョルミンさんの記事を読んで、もしかしてソニョンの過去の心の傷や内面も、背景として繊細に描いてくれている可能性があるんじゃないかなと少し期待が持ててきました。ただの自分勝手な母親っていうようには映らず、ソニョンも大きな傷を抱えた登場人物の一人として、感情移入できるように描いてくれるのであれば、久しぶりにジョンオクssiの繊細な内面演技、恋愛っぽい感じやその後の孤独感なんかも、等身大でリアルに見れるんじゃないか、そんな風に思えてきました。まず、この時代に、韓国で未婚の母というのがどれほど風当たりが強かったか。想像するだけでも、胸が痛みますし。


 昨日行われた制作発表で、ジョンオクssiも「脚本が気に入った」ということを出演理由の一つに上げていました。ジョンオクssiを信じてみます。



 ・・・とさっきまで思ってたんですけど、↓この予告見て、うーん、やっぱり不安に・・・(苦笑)




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「風船ガム」パク・ソニョンと周辺キャラクター紹介 Drifterニッキ☆ペ・ジョンオクファンブログ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる