Drifterニッキ☆ペ・ジョンオクファンブログ☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 「風船ガム」台本リーディング現場

<<   作成日時 : 2015/09/10 20:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0


‘風船ガム’イ・ドンウク-チョン・リョウォン-イ・ジョンヒョク-パク・ヒボン、笑い満開台本リーディング現場公開 Posted byユン・ソンミン 入力:2015/09/09 13:14:56


画像


 イ・ドンウク-チョン・リョウォン-イ・ジョンヒョク-パク・ヒボンなどケーブルチャネルtvN ‘風船ガム’俳優の温かい化学反応が輝く初めての台本リーディング現場が公開された。


 来たる10月26日初放送される予定のtvN ‘風船ガム’はイ・ドンウク-チョン・リョウォン-イ・ジョンヒョク-パク・ヒボン-ペ・ジョンオク-キム・ジョンナン-パク・ジュングム-イ・スンジュンなど硬い演技力を備えた俳優が最強ラインを結成、2015年下半期最高の期待作と指折り数えられる作品だ。 特に‘風船ガム’はドラマ‘ナイン’ ‘三銃士’等を演出、名実共最高のトレンディーな監督と指折り数えられるキム・ビョンスPDと‘音楽都市’ ‘青い夜、そしてソン・シギョンです’等のラジオ作家で活躍、ベストセラー‘その男その女’を執筆したイ・ミナ作家が意気投合して視線を集中させている。


 去る8日ソウル、麻浦区(マポグ)、上岩洞(サンアムドン)ヌリスクエア ビジネスセンターで進行された初めての台本リーディング現場にはイ・ドンウク、チョン・リョウォン、イ・ジョンヒョク、パク・ヒボン、ペ・ジョンオク、キム・チョンナン、パク・ジュングム、イ・スンジュン、パク・ウォンサンなど‘風船ガム’全出演陣が参加して対面式を持って意欲的な出発を知らせた。 初めて会って演技呼吸を合わせた席だったが俳優は始終一貫和気あいあいとした雰囲気の中で熱情的に台本を読み続けて幻想のチームワークをリリースした。


 何より‘風船ガム’を通じて1年ぶりにブラウン管に復帰するイ・ドンウクと2年ぶりにテレビ劇場に戻ったチョン・リョウォンの甘い化学反応が引き立って見えた。 2003年シチュエーションコメディ‘真っすぐ生きろ’に共に出演した以後何と12年ぶりに再会した二人は意欲あふれる態度で台本練習に臨んで格別の最高の相性を表わしたこと。 さらにイ・ドンウクは俳優を代表して“熱心に上手にしよう”というファイティングあふれる挨拶の言葉で整った抱負を表わしたかとすればチョン・リョウォンはふっくらと飛ぶさわやかな魅力を発散、雰囲気を精一杯引き上げた。


 また、イ・ジョンヒョクは特有の低音トーンで真剣に台本練習に熱中、自身のむ役割だけでなく多様な声で端役台詞まで代わりに消化して笑いをかもし出すようにした。 パク・ヒボンは実際の撮影をほうふつさせる程の実感できる演技で現場を熱した。


 ここにペ・ジョンオク、キム・チョンナン、パク・ジュングム、イ・スンジュン、パク・ウォンサンなど個性あふれる俳優の安定した演技力が感覚的台詞らと交わって活気あふれる台本練習が成り立ったこと。 何と5時間超えて進行された台本リーディングにもかかわらず、全出演陣は疲れたそぶり一つなく愉快な雰囲気を継続して‘風船ガム’に対する期待と関心を如実に証明した。


 製作会社側は“‘風船ガム’出演俳優のキャラクターシンクロ率と演技呼吸が幻想的な調和を見せているようだ。 初めて呼吸を合わせたのに俳優の交わる姿が完ぺきで雰囲気が鼓舞された状態”としながら“すべての俳優らとスタッフの情熱と意欲が最高であるだけに彼らが作り出す暖かくて甘いロマンチックコメディに多くの期待お願いする”と明らかにした。


 ‘風船ガム’は欠乏を持つ人々が各自の隙間を抱いたまま、一緒にいればもう少し幸せになるという大人たちの童話を表わしたロマンスドラマ。胸暖かいながらも甘やかで愉快なときめきがある‘風船ガム’はtvN ‘無作法で食べたヨンエさん‘後続で来る10月26日初放送される。



元記事


集合写真のジョンオクssiがかっこいい!


まだどんな役柄なのかわからないので、またその情報が入ってから。。。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「風船ガム」台本リーディング現場 Drifterニッキ☆ペ・ジョンオクファンブログ☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる